ウル4(スパ4)PC版をプレイするのに必要なスペック

ストリートファイター4の最新バージョンであるウルトラストリートファイター4(通称ウル4)が発売されました。少し前からアーケードでは稼働していましたが、みんなが待ち望んでいたのは家庭用版です。PS3、PS4、XBOXでネット対戦できるようになりました。でももう1つ選択肢がありますよね。そう、PC版です。ウル4にはPC版もあります。でもそもそもPC版を選ぶメリットはあるのでしょうか。

高画質で楽しめる

ゲーム用PCはスペックによりますが、PS4やXBOXよりも高性能です。だから高画質でウル4をプレイすることができます。最高画質で60fpsを維持するためにはどれくらいのスペックが必要かを調べてみました。まず推奨スペックはCPUがCore2Duo 2.0GHz以上、メモリ2GB、グラフィックカードにGeForce 8600以上となっています。これだけ見ると推奨スペックが低いように思えます。ただ、これをクリアしたからといって最高画質でプレイできるわけではありません。このスペックはあくまでも「通常画質で快適にプレイできる」ものです。だから高画質にこだわるなら最新グラフィックカードを搭載したゲーム用PCを選んでください。GTX760以上なら大丈夫です。

Modを楽しめる

PCゲームのMod文化っていいですよね。MineCraftやSkyrimはデフォルトのゲームよりもModのほうが流行っています。ウル4にも衣装変更Modなど色々なものがあります。ModをインストールできるのはPC版だけです。家庭用版にはModはありません。だからマニアックな楽しみ方をしたい方にはウル4PC版がオススメです。

家庭用版よりも安い

家庭用版のウル4はAmazonやヨドバシカメラのような店舗で購入します。価格競争があるものの、そこまでの値崩れはありません。でもウル4PC版はSteamが配信しています。Steamといえばセールでの大幅値引きで有名です。ウル4もセール対象になることがあり、信じられないような低価格で販売されます。だから家庭用版よりもPC版のほうが安く入手できます。また、DL版しかないので、ディスクを入れ替える必要がありません。デスクトップから起動すればすぐに遊べます。

デバイスが自由自在

ウル4を操作するデバイスはゲームパッドかアケコンのどちらかでしょうか。いいえ、PC版ならキーボードでも何でも使えます。もしかしたらアケコンよりも操作しやすいデバイスがあるかもしれません。他にもキャプチャボード付きのゲーム用PCなら録画しながらプレイできます。リアルタイムで配信する方法もPC版のほうが簡単です。